『きみにしか聞こえない』

自分だけが携帯電話を持っていないことに劣等感を抱き、同時に憧れを募らせる女子高生のリョウはいつも頭の中で携帯電話を持つ妄想を描いていた。ある日、その頭の中の携帯電話が突然鳴り出す。

戻る